ダーツ設置

ダーツのルーツと変遷

テレビのバラエティ番組などでも、商品を当てたり、罰ゲームの人を決めたりするのに「ダーツ」が使われているので、ダーツを知らない人はいないと言っても過言ではありません。

 

 

 

これほど普及しているダーツの起源は、今から500年以上も前のイギリスに遡ります。ランカスター家の赤いバラとヨーク家の白いバラの記章で有名なバラ戦争(1455〜1485年)において、戦場で兵士たちが戦いの合間に、武器であった弓矢を使って特定の的に当てる腕を競い合ったのがダーツの始まりです。

 

 

 

その後、矢は短く切られ、弓を使わずに素手で投げるようになり、的には葡萄酒の樽が使われるゲームへと変化していきます。やがて、その的も大木を厚く輪切りにしたものに変わり、木の年輪を目印にして、当った矢の位置で優劣をつけるようになります。

 

 

 

そして1896年、英国人ブライアン・ガムリン氏によって、的に点数区分をつける方法が考案され、現在の競技ルールが確立されます。ただ、木の的は傷んだり腐ったりするため、1935年にイギリスのノドア社により、船舶用ロープに用いられるサイザル麻を圧縮して作られるブリッスルボードが発明されたことで、今日のダーツ競技の道具が整います。